FX自動売買

FX自動売買のデメリット!分散投資の失敗から分かる使えないEAやMAM

FX自動売買のデメリットについて

FX自動売買のデメリットが知りたい

FX自動売買で失敗した人の話が聞きがい

リスク分散しても失敗はあるの?

含み損が多くて出金すると大損するパターンとか?

 

今回はこのようなお悩みを解決する内容になります。

この記事を読む事で以下のメリットが手に入りやすくなります。

・FX自動売買のデメリットが分かる

・気をつけるべきポイントが分かる

・自動売買は良いものに巡り合う大切さが分かる

・含み損が多く出金できないと塩漬け状態になる

・機会損失を招いてストレスを溜めることになる

FX自動売買最大のデメリット!含み損と出金できない機会損失がストレス

結論から言いますと、FX自動売買の最大のデメリットは粗悪なEAやMAMなどに巡り合ってしまう事です。

これが1番のデメリットだと個人的に痛感しております。

 

なぜなら、私自身がこの粗悪なもの(EAやMAM)にも手を出した経験があるからです。

粗悪なもの?何それ?」と思われるかもしれませんね。

 

冒頭でもお伝えしましたが、一言で言うと使えないもの(EAやMAMなど)です。

EAであれば資金を入れると簡単に破綻しやすいものであったり、MAMであれば資金を溶かされるようなゴミトレードをするものやポンジスキームだったりします。

 

例えば、このサイトをくまなく見てもらえればあらかた気づかれると思いますが、EAに関しては虎徹や虎徹NEOのように多大な含み損を抱えるロジックを採用しているEAだったり、MAMであれば期待外れだったVIPTradeを始め、サバンナやZOOやギアシステムなどが該当します。

 

資産運用の一環として期待をして始めたFX自動売買ですが、こういったものに巡り合ってしまうと、資産を増やすどころか減らしてしまうことになりかねません。

 

リスク分散のつもりが粗悪な自動売買に手を出して破綻する

FXはリスク分散する必要があるということを、あなたも耳にしたことがあると思います。

確かに、リスク分散は必要だと思います。

 

ただ、リスク分散をするにしても、粗悪なEAに手を出してしまうと「リスク分散したつもりが、余計にリスクを抱え込むことになる」のです。

現代はたくさんの自動売買EAやMAM(コピートレード)などが存在していますので、あれもこれもという感じで、「リスク分散と思ってはじめてみたけど逆にリスクを背負い込んでしまった」という結果になる場合も多いです。

 

FX自動売買の世界では、「試してみたら思うような結果とは違っていた」というものばかりです。

なので、リスク分散と思って安易に色々な自動売買に出すと失敗するリスクが高いことも理解しておくべきです。

 

私のように、結果的に失敗から学んだこととしては、改めてFX自動売買のデメリットを痛感することができます。

調べもしないで新しくリリースされたEAに興味本位で手を出すという行為も危険です。

 

リスクを背負い込んでしまったケースでありがちなパターンは、含み損を大きく抱え込んだ結果、稼働停止や損切りして、それでも含み損が大きいため全額出金するとマイナス決済となり、仕方なく塩漬け状態になってそれが長期的に続いているという場合もあります。

粗悪なEAなどに手を出すとこういった事態に陥ってしまう可能性が高いので気を付けましょう

塩漬け状態が続くと資金を引き出す事ができずにストレスが溜まっていきます。

 

リスク分散をしたつもりが失敗した例

具体的に私は虎徹EAを2021年5月に稼働停止中です。

運用開始から約2ヶ月で稼働停止に追い込まれました。

 

あまりにも含み損を多く抱え込んでしまい追い金をしても厳しい局面で、あえなく損切りをして稼働停止に追い込まれたという状態です。

VIP Tradeに関しては第4弾が利益を全く取れない状態が開始から約3ヶ月も続いていたので、証拠金の半分(80万円)を引き出して、残りの半分の約80万円も含み損が減ってきた段階で全額出金して口座を解約する流れとなりました。

 

ギアシステムとユニバースシステムプロに関しては、合計で200万円を入れていました。

しかし、2021年の11月にこの2つが揃って破綻するという悪夢が現実となってしまいました。

 

私はこのようにリスク分散として資金を分けての運用を行なっていたのですが、結果的に損失を被る方になってしまいました。

私の経験不足と言ってしまえばそれまでですが、あなたには私のようになってほしくありません。

 

このように、現状としては結果的に期待した利益は全く出ることがなく、リスク分散のつもりが苦しめられたという経験があります。

気軽に粗悪なものに手を出すと、こういったデメリットが待っています。

 

確かに、勉強にはなりますが結果として「機会損失」となり、精神的なストレスとなることに変わりはありません。

私のように機会損失をしたくないという場合は、方舟EAと虎徹EAを徹底比較!FX自動売買の実力差が明確に出た検証結果!も読んでおいてください。

 

良いものと粗悪なものとでは、EAのロジックの違いによって、その実力差を実感する事ができます。

良いものに投資して、それを増やすという考え方が正解です。

 

失敗から学んで本物の自動売買に巡り合えることもある

ただ、私のようにリスク分散を心がけて複数のEAやMAMに手を出すという場合は、失敗もしますが本物に巡り合える確率も上がるということもあります。

複数のものを使うことによって、色々な面での比較ができやすいので「将来的に使い続けていきたい自動売買EAであったりMAMに巡り合うこともできやすい」という結果も期待できるのです。

 

なのでデメリットの部分ばかりを見て行動できずに時間が過ぎていくよりも、リスク分散を心がけて行動して失敗しても、結果的に本物に巡り合うことができれば御の字だという捉え方もできます。

もちろんこれは人それぞれ価値観があるので、何とも言えません。

 

FX自動売買のデメリットとして、出金できずに塩漬け状態が続くというのが、どれだけストレスとなるかは、やはり体験した本人でしか分からないからです。

1日や2日の塩漬けぐらいなら良いですが、1週間や1ヶ月続くと精神的に疲れますよね。

 

またその資金を他のEAやMAMに回せないという時間のロスもストレスとなりやすいです。

結果的に、含み損を抱えこんでしまいやすいEAやMAMには早い段階で見切りをつける事をお勧めします。

 

ダメだと思うものはすぐに切るという考え方もFXを続ける上で重要な部分だと思います。

逆に、破綻のリスクを考えながらうまく運用していけるコツを掴めると、稼ぎ続けていくことも可能だと思います。

 

見切りを誤ると矯正ロスカットになる可能性が高い

FX自動売買は見切りを誤ると含み損が雪だるま式に膨らんで強制ロスカットの危険性も出てきます。

追い金したり、損切りする余裕があったり両建てして難を逃れる可能性は出てきますが、初心者の場合はなかなか難しいと思います。

 

 

なので、EAに関してもMAMに関しても「使い続けられない」と判断した場合は、使用を止める事をお勧めします。

ロスカットされて資金を飛ばしてしまったら挽回しようにもできないという状態になりやすいです。

 

損切りしてマイナス決済しても資金をできるだけ残す事を優先すると挽回するチャンスは後で必ず訪れるものですからね。

できるだけ損切り額は少なく抑えることも大切ですが、粗悪なものから良いものへ乗り換えるタイミングは早い方が良いです。

 

FX自動売買は粗悪なもので資金を失ってしまうことも、他の自動売買を稼働できずに終わるというデメリットになりやすいですね。

破綻して余剰資金を失ってしまうと、また余剰資金を作ることから始めなければならなくなります。

そうなる前に、見切りをつけて撤退するという考え方も大切ですね。

 

FX自動売買を始める上で大切な考え方として、FX自動売買は完全放置では儲からない?EAで失敗しない危険回避の仕方も読んでおいてください。

 

MAMは手動決済不可能!全額出金のタイミングが難しい

FX自動売買のデメリットとしてMAMの場合は全額出金するのに含み損を多く抱えていると面倒なことになります。

EAの場合は自分で稼働しているのでMT4を停止して損切り決済ができますが、MAMの場合は自分で損切りや決済ができないので全額出金する際には証券会社に解約の手続きが必要となる場合が多いです。

 

例えば、VIPTradeの場合、全額出金の際には解約の手続きを、証券会社のTradeviewに申請しなければなりません。

含み損がほとんどない状態であればすぐに決済して全額出金して多少でもプラスで終わることができますが、含み損が多くマイナス決済になってしまう場合は、一旦含み損が減るのを待つか、早く全額出金したい場合は無理やりマイナス決済で終わらせるかしかありません。

 

なので、含み損を多く抱えるMAMというのは全額出金する際にタイミングが難しいので厄介です。

MAMをやる場合は、これらのデメリットがあることも覚悟しておくべきです。

 

常に多くの含み損を抱えている状態が続くと、全額出金する場合に結果的にマイナスになる可能性が高いのです。

また、MAMのデメリットとしては資金の持ち逃げなどもあります。

 

ポンジスキームと疑われてもおかしくないMAMに関しては、ギアシステム FXの評判!実際に運用してみた感想!デメリットは証券会社にありも読んでおいてください。

 

まとめ

お伝えしてきましたように、FX自動売買のデメリットは止める時の含み損の処理が面倒になる場合が多いですし、含み損が多いものはロスカットのリスクも高まりますので、粗悪なEAやMAMに安易に手を出すと私のように失敗する場合があるということです。

ご自身に裁量の腕がないのであれば、FXは自動売買選びが大切になります。

 

リスク分散と思って、色々な自動売買サービスに手を出すとデメリットの部分が大きくなったりもします。

近年はたくさんの情報が出回っていますし、それこそたくさんのFX自動売買サービスが存在しますので、どれを選べば良いのかという選択も迷いますし、選んだものが機会損失になるという場合は多いです。

 

あえて、良いものを見つけ出すにはそれなりの経験や失敗はつきものだと思ってやるのも良いですが、あなたもそういった失敗はできるだけ避けたいと思っていることでしょう。

なので、FX自動売買選びに失敗したくないという場合は、以下から私にLINEでEAやMAM選びのご相談もできますので、お気軽にご連絡いただければと思います。

 

私が長い間使い続けて利益を積み上げ続けているEAもありますので、興味がある場合はLINEからご連絡ください。

友だち追加
ABOUT ME
トシ
自身で会社経営をしています。 現在は投資家としてFX自動売買を用いて月収100万円以上を毎月コンスタントに稼いでいます。 自身の経験からEA初心者でも安全な方法で利益を積み上げる秘訣を確立しました。 こちらはLINE追加特典としてプレゼントしています。 また副業のアフィリエイトでは月収150万円以上をコンスタントに稼いでいます。 詳しいプロフィールはこちら Twitterで毎日のFX運用結果も報告していますので、興味がある場合は見ておいて下さい。 Twitterで毎日の利益を公開中!
海外FX業者人気ランキング!
ランキング1位 XM
XMは人気NO1の海外FX業者です。
ボーナスやポイントキャッシュバックなどが充実したキャンペーンが満載です。
ポイントを現金として引き出す事ができるところも嬉しいですね。
最大レバレッジ888倍やゼロカットシステムにより少額からの取引でも大きな収益を上げる事が可能なシステムとなっています。
人気度
レバレッジ 最大レバレッジ888倍!ポイント還元サービスも充実!
取引方式 高い約定力!NDD方式を採用!
信用 海外FX業者人気NO1簡単3分で口座開設完了!

詳細ページ公式ページ

ランキング2位 HotForex
HotForexはレバレッジ1000倍で取引できる初心者に嬉しいマイクロ口座が魅力ですね。
また、マイクロ口座とプレミアム口座ではいつでも100%入金ボーナスを貰えます。
証拠金維持率の安定に繋がるボーナスが大きな海外FX業者です。
人気度
レバレッジ 最大レバレッジ1000倍(マイクロ口座)
取引方式 NDD方式採用!高い約定力!
信用 海外ではXMを抑えて人気NO1のFX業者

詳細ページ公式ページ

ランキング3位 GemForex
ゲムフォレックスは言わずと知れた人気の海外FX業者です。
自動売買EAを使い放題できるサービスが魅力的です。
FX初心者に優しい部分として、自分に合う自動売買EAを見つけやすい特徴がありますので、手始めに口座開設しておくと良いでしょう。
人気度
レバレッジ 最大レバレッジ1000倍(残高200万円まで)
取引方式 DD方式(比較的スプレッドが狭い)
信用 自動売買EAが豊富で使い放題!初心者も取っつきやすい海外FX業者

詳細ページ公式ページ